ブドウ視察in長野

DSC_0792

~作り込むとは何か~

ブドウ産地の長野県へ20日、視察してきました。

三条市大島地区を中心とした若手有志 でつくる「大島園協ぶどう研究会」のメンバー17人が参加。

視察した場所は、ブドウ農家3件です。

順番に、須坂市の高田洋一さん、千曲市の北澤文康さん、上田市の飯塚芳幸さんの畑を回りました。

ブドウづくりへの想いは3者3様。

それぞれが考えるウマいブドウを突き詰めていました。

3人とも穏やかな口調で話していましたが、目はギラギラしていました。

こういう農家になりたいなと思いました。

 

視察後、飯塚さんを囲んで懇親会でした。

大人気品種・シャインマスカットの栽培面積が増える中、今後は糖度が低いものや房が大きいものなど、多様なものが出てくるであろうと飯塚さんは予想。

その中で、最終的には味で勝負すること。

そして、人よりも早いから出荷するとかではなく、ウマくならなければ売らないことを訴えていました。

また、飯塚さん曰く、ウマさを突き詰めると「地力」に行き着くとのこと。

ブドウづくりとは「土に任せる」ことだとも話していました。

 

今回の視察を終えて、果物は作るだけではだめなんだなと感じました。

北澤さんの奥様も話していましたが、「作り込む」ことが大切。

生産者が何を込めて作ったか…。そこが評価されていくのだろうと思います。

 

なんて偉そうに書きましたが、就農したら、つい目先のことに心が奪われてしまいそうです。

自分がウマいと思ったものを売る。そのために、作り込む。

忘れないようにするために、週に1度はこの文章を読み返すことにします!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です