度量の大きさがカギ?~畑の朝カフェin渡辺果樹園~

18日に畑の朝カフェが渡辺果樹園で開催されました。

天候は雨。

本来なら、ルレクチェ畑で寝転がり、畑の気持ち良さを体験する予定でしたが、内容を急きょ変更。

本番2日前に「堪能!!渡辺果樹園・魅惑の赤シリーズ」と銘打ち、赤色のブドウが栽培されている畑をまわることになりました。

(ブドウ畑は、ビニールが張られているので、雨で濡れる心配はありません)

短時間で内容を変更できるほど、渡辺果樹園に豊富なネタがあるということです。

懐が深いですね。。。

2

この日は約40人が参加。

園主が参加者にブドウの品種について説明しながら、試食させました。

色鮮やかなで大きな粒に、参加者からも歓声が上がりました。

%e7%84%a1%e9%a1%8c

ヤマモトは、駐車場係をしたり、畑を案内する園主を手伝ったりしました。

朝カフェを実施してみて…

参加者は、生産者と話がしたいのかなと思いました。

写真の通り、真剣に話を聞いています。

身近なようであまりよくわからない農業について、もっと知りたいのかなと思います。

その際、見せ方が大切になるな~と感じます。

渡辺果樹園は、参加者に主体性を持たせて、好きなようにさせるタイプのようです。

なぜ?と聞いてみたところ、

そのほうが、自分にとって新しい発見があるとのこと。

つまり、参加者が畑で感じたことが、園主も知らなかった畑の魅力の発見につながるということです。

内容を急きょ変更できるほど、豊富なネタを持つ懐の深い畑といい…

なるほど、畑も人間も度量の大きさが大切なのかもしれません。

ただ、園主にかなり振り回されている研修生がいるのも事実です(笑)

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)