2匹のネコ

現在、洋梨の繁忙期を迎えている渡辺果樹園。

そんな渡辺果樹園において、最も優先される仕事は何か?

 

剪定?収穫?土づくり?

 

正解は・・・ネコ探しです。

dsc_0013

ススキを使ってネコをおびき寄せるも無視される園主

 

半分冗談ですが、半分本気です。

園主の家では、2匹のネコを室内で飼っています。

ただ時々、どこからかネコが外へ出てしまう時があります。

そんなときは、目の前の作業を一旦ストップ。

ネコを探して室内へ戻すという行為が優先されます。

ちなみに、ヤマモトが一番最初に教えられた仕事もネコ探しでした。

研修初日、元研修生からの一言目が

「もし、ネコを外で見たら渡辺さんにすぐに連絡してください!」

と大真面目に説明を受けました。

「えっ?ネコ?どういうこと?ってか、ここで研修して大丈夫か」と不安を感じました。(今ではいい思い出です)

 

上記の写真は先日、ネコが逃げ出して、園主がススキを持って部屋へおびき寄せようとしている様子です。

写真のネコはミースケ(2歳・♂)です。

ミースケは完全に無視しています。

ミースケに翻弄される園主の姿は、どこか切ないです。

(ミースケは数時間後、無事に室内へ戻りました)

 

もう一匹は、リョーマ(5歳・♂)です。

img_7769

窓からヤマモトの仕事っぷりをいつも監視しております。

そして「オレを出せ」と言わんばかりにかわいい声で鳴いてきます。

リョーマの名前の由来は…

譲渡会で譲り受けた当時、NHK大河ドラマ「龍馬伝」の再放送がされていたので、リョーマとなったとのこと。

 

一方、ミースケは、渡辺果樹園の前で捨て猫としており、「ミー、ミー」と鳴いていたため、ミースケになったそうです。

 

ミースケ、リョーマは渡辺果樹園を彩る大切な存在なんだなと思います。

もし、2匹のネコを外で見つけたらご連絡ください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です