ぼくがハスに人生を懸ける理由

ハスとロマン

3月6日、長野市大門町の門前茶寮弥生座で、「ぼくがハスに人生を懸ける理由」と題してお話ししました。

弥生座様にはハスのレンタルで毎夏お世話になっております。

その縁で、弥生座様が定期的に開く座談会に昨秋から参加しており、今回は発表者として出席しました。

新聞記者を辞めて農家になった理由。就農地がなかなか見つからなかったこと。

そして、ハスと出会い鉢花として栽培していること。

時代を超えて愛されているハスについて、もっと身近に感じてもらうために栽培しているなど、約1時間お話ししました。

この日のために、年明けから資料を作って準備してきました。でも、緊張して上手にお話しできなかったなと思っています。

ただ、少しでも多くの方に魅力を知ってもらえたかなと思います。

ハスは、日本では約7000万年前とされる葉っぱの化石が発見されており、ヒトの誕生よりもはるか前から地球上に生息しています。

仏教との関連が強い花ですが、古事記などでハスの美しさについて詠われており、仏教伝来前からハスが愛されていたのではないかと思われます。

そして、少なくとも江戸時代には、観賞用として鉢でハスが作られていました。

ハスを置いて頂いている方々から「多くの人が立ち止まって見てくれる」とお話ししてくれます。

時代を超えて愛されるハスに、僕はロマンを感じています。

まだまだマイナーな花ですが、より身近に親しめるような仕掛けを考えていきたいと思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)